よくある質問

Q. 組合加入は強制ですか?

A. 組合加入は教職員にとって自由です。加入することも、脱退することも自由です。

Q. 組合費は高くありませんか?

A. 当教職員組合の組合費は平均的な金額です。組合員のみなさんには、常勤職員で給料月額の0.75%、再雇用職員で給料月額の0.63%、契約職員で給料月額の0.54%をお願いしています。

Q. 組合費は何に使われているのですか?

A. 要求実現のための交渉など諸行動を起こすのに必要な費用にあてられます。

たとえば・・・・

 情報を集める!(資料収集、他都市・大学調査など)

 作戦を練る!(執行委員会、中央委員会、職場集会など各種会議等の開催費用)

 行動する!(決起集会、大学や市との交渉などに必要な費用)

 伝える!(交渉経過や結果などをお知らせする組合つうしんやホームページ作成)

 交流する!(お互いの仕事や悩み・生き甲斐など相互理解を深める交流会やレクリエーション企画)

 支える!(組合活動を支える書記局員を雇う、事務所を維持する費用など)

 連帯する!(共通の課題を共同して追求することにより、単独では実現しなかったことも可能に!名古屋市職員の組合の連合会、公立大学の組合の連合会などに加盟)

Q. 入ったら役員をやらされて大変になるのでは?

A. 組合に入ったからといって役員を強制されることはありません。それぞれの立場で、自主的に参加することが原則です。もちろん、退会も自由です。

[資料]非組合員の範囲

名古屋市立大学教職員組合は,組合に加入できない教職員の範囲を,次のように決定しています。
1. 学長,理事,監事の職にある者
2. 経営協議会の教職員以外の者
3. 部局長
4. 課長・事務長以上の職にある者
5. 総務部人事労務課の副課長,医学部総務課および人事担当の副課長
6. 総務部人労務事課の係長及び医学部総務課人事係長,同職員係長
上記に該当する教職員以外の方は,どなたでも加入いただけます。